Kawasaki ELIMINATOR250LX
 

エリミネーターは、「ニューアメリカン」または「ドラッガー」と呼ばれるジャンルに、新しいZシリーズを誕生させる為に1985年に900ccで北米市場に生まれました。
GPZ900
のエンジンを搭載したまさにモンスターマシンは、当時のアメリカで人気の高かったドラッグレーサーのイメージを意識して創られたのでした。その後、1000ccモデルも派生しましたが、この「エリミネーター」という名は、900モデルの2型までにしか使われず、後発の1000ccモデルは「ZL1000」と名を変えました。これと同時に国内販売されたのが、エリミネーター750。しかし国内のナナハン事情の悪化により1型のみの販売で生産中止となりました。翌年の1986年、エリミネーターはそのドラッグフォルムを継承し、400ccとして生まれ変わりました。まずは受注生産方式で販売され、その後、エリミネーターは「SE」と「LX」という2つのカテゴリーに分かれるのでした。SE」はミニカウルを装着し、黒を基調としたドラッグレーサーを彷彿とさせるスタイリングを持ち、一方「LX」はスポークを履き、ハンドルをセミアップし、よりアメリカンライクな顔を持つようになりました。そして1988年、エリミネーターの末弟としてGPZ250R系の水冷DOHCツインエンジンを積んだ
250
シリーズが登場しました。
40ps
を叩きだすハイパーエンジンの動力性能は、1クラス上の走りが可能です。
 
 
そして1998年の東京モーターショーでフルモデルチェンジして登場したのが、ELIMINATOR250Vです。リアに160/80-15というクォーターモデルの常識を打ち破る極太タイヤとDOHC水冷90°Vツインエンジンを搭載し、ドラッガーというより、よりアメリカンライクに変化を遂げたのでした。
 
 
エリミネーターってどんな意味? もともとは、USAにて販売された900Bモデル「ELIMINATOR」に採用したものを国内でも、同一コンセプトモデルとして採用しました。
ELIMINATOR
は英語で、意味は「排除する」です。同モデルの開発コンセプトがドラッグレーサーを意識した作りとなっていますので、過激大好きアメリカ人にアピールするため、道行くその他のモデルをそこのけ、そこのけと追い散らすぐらい速いという意味で採用したとのことです。KAZE NETWORK NEWS VOL.122

 Kawasaki ELIMINATOR250SE
 

                        Kawasaki ELIMINATOR250V

                  (東京モーターショー参考出品時)
 

 

エリミネ−タ−カタログ&基本スペック

今ではとっても貴重?なカタログをご紹介します。
 

カタログ

ELIMINATOR250SE

88年のカタログ。キャッチコピー:「男たちよ、とっておきの表情を用意しろ。」ライディングの写真は一切なく、風景に溶け込んでいるエリミの写真だけで構成されてます。エリミを前にジェットヘルを左手に持った男性のシルエットがそれらしい雰囲気です。まだSEにはアンダーカウルが装着されておらず、ミラーもシルバーです。サスにもリザーバが付いてません。まだ「LX」の称号を与えられていないEliminator250も同時掲載されていますが、タコメーターがついていません。

90年のカタログ。キャッチコピー:「セクシービート」表紙はお姉さんのドアップ。めくると、エリミを前に男女がレザーを身に纏い、進むべき方向を見つめています?おお!モデルのお姉さんは表紙のお姉さんではないですか?なるほど、セクシービートです。アンダーカウル&リザーバ−タンク装着。

95年のカタログ。キャッチコピー:「Be Free〜私の辞書に決めごとはない」今まではどちらかというと「男カワサキ」が全面に押し出されていましたが、ブラックなイメージを一新し、使い方を選ばないオールマイティなバイクであることをアピールする内容に変わっています。しかし悪そうなSE自体は、ミラーまでブラックアウトされ、凄みをいっそう増しています。

ELIMINATOR250LX

89年のカタログ。キャッチコピー:「もっと遠くへ、ゆったりと。時間を見つめるスポーツクルーザー、エリミネーター250LX。」非常にシンプルなカタログで、見開きにはLXの横写真のみです。機能美を最優先させた、大人のためのカタログです。

96年のカタログ。キャッチコピー:「Dramatic Street Sportsこれまたシンプルなカタログで、後ろと前からの横アングルの写真だけです。表紙のLXの背景に英字新聞があり、中ページにはニューヨークの風景とLXの絵。エレガントな雰囲気を醸し出す為の演出?なのか、やはり大人の為のバイクをアピールしているように見て取れます。

ACCESSORIES FOR ELIMINATOR

 

エリミネーター用のオプションカタログです。クロームメッキ仕上げのフューエルコック(左上)、クロームメッキ仕上げのブレーキ&クラッチレバー(左中)、クロームメッキ仕上げのハンドルホルダー&メッキ仕上げのハンドルホルダーキャップ(左下)、リアシートを外して取り付けるキャリア(右上)、グラブレール(右中)、スタンド(右下)の全6種類がラインナップされており、質感や実用度を充実させるもので構成されています。

■250SE基本スペック■

エンジン

水冷4ストロークDOHC

4バルブ並列2気筒

排気量

248cc

ボア×ストローク

62.0×42.1mm

圧縮比

12.4

最高出力

40ps/12,500rpm

最大トルク

2.4kg-m/10,000rpm

点火方式

トランジスタ

始動

セル

クラッチ

湿式多板

ミッション

6

(1)2.600 (2)1.789 (3)1.409

(4)1.160 (5)1.000 (6)0.892

駆動方式

 

チェーン

全長

全幅

全高

2,140mm

655mm

1,045mm

シート高

690mm

軸間距離

1,490mm

重量

142kg

タンク容量

12L(リザーブ3L)

エンジンオイル容量

1.9L

タイヤ

F(100/90-17)

R(140/90-15)

inserted by FC2 system